「小倉充子 銀座でゆかた展」のお知らせ

今回も浴衣のイベントのお知らせです。

小倉充子さん主催の小倉染色図案工房さまのお浴衣を中心に、銀線細工あり、小紋染めあり、そして江戸粋曲ライブありの盛りだくさんなイベントです。
その中に丸久も新江戸染の浴衣を出展させて頂きます。

中央区銀座にあるうとうとにてゆかた展を開催していただきます。

以下、DMより抜粋。

2018年新作注染ゆかたを中心に、型染めの帯、下駄花緒、注染手ぬぐいを展示販売致します。コーディネートでも遊んでいただけるよう、銀線細工の松原さん、小紋染めの松永さん 、新江戸染の丸久商店さんにも出展をお願いしました。また、初日には柳家小春さんの江戸粋曲ライブを開催します。うとうとcafeの美味しい酒肴と共に、銀座の宴をお楽しみください。

– 柳家小春 江戸粋曲ライブ –
6/25(月) 開宴18:00~ 演奏19:00~
木戸銭 4,800円(ワンドリンク、お食事付)予約制
※御予約は、ギャラリーうとうと、または下記までご連絡ください。
info@ogurasensyokuzuankobo.jp

柳家 小春 Yanagiya Koharu
名人といわれた寄席音曲師 粋曲の柳家紫朝に弟子入り。江戸音曲の数々を習得し、寄席出演を経て、現在は枠に留まらずライブスペースでの演奏活動を広げている。

日時

6月25日(月)〜30日(土) 12:00〜18:00

会場

うとうと
〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-1 銀楽ビル9階
03-3566-0061

みなさまのご来場をお待ちしております。

ベビー浴衣ができました

いまだに寒かったり暑かったりな梅雨この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
でもここを凌げばもうすぐで浴衣の季節到来ですね!

と、いうわけでこんな可愛い浴衣ができました。

新江戸染ベビー浴衣です!

対象年齢0〜2歳未満、新江戸染のオンラインショップにて販売中です。
すべてギフトラッピング仕様にてお届けいたします。

これからの夏祭りや花火大会に可愛くお出かけしてみてはいかがでしょうか。

ただし限定生産になりますので、在庫がなくなり次第販売を終了させて頂きます。
お買い求めはお早めにどうぞ。

「七緒」さんに浴衣が掲載されました

すっかり夏のような陽気が続いていましたが、関東は今週中頃から梅雨入りなのだそうです。
そんな中、今回は雑誌掲載のお知らせです。

“着物の季刊誌”「七緒」さんvol.54に新江戸染の浴衣が掲載されました。

.jpg

とってもキレイに涼しげに撮って頂いています。
ほか「麻」の特集を中心に、この夏の和装の過ごし方を様々にご提案されています。

「七緒」さんvol.54はプレジデントさまより6月7日に発売されます。
ぜひお手にとってご覧くださいませ。

カタコトの会さま展示会のお知らせ

最近は本当に雨続きなんですね。
暑かったり寒かったりの晩春の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日はステキな展示会のDMを頂きましたので、そのお知らせです。

昨年12月20日の記事、「復刻手ぬぐい・復活の巻〜帆かけ舟の場合〜」で大変お世話になりました、伊勢型紙職人の那須恵子さんもご出展されます「第2回カタコトの会展“型彫り、型染め、カタヤブリ!”」が6月4日〜10日に、稲荷町は江戸からかみ東京松屋さま4Fで開催されます。

前回の時 丸久も拝見させて頂きましたが、型紙や染色の世界の奥深さに圧倒されました!皆さまもぜひお越しいただき、型と染め、そして織りの世界をご堪能ください。

イベント詳細は
https://peraichi.com/landing_pages/view/katakoto2018
もしくは
https://facebook.com/katakotonokai
へどうぞ。

telling,さんに記事が掲載されました

GWもあっという間でしたね。
明けたーと思ったらしばらく雨続きだそうです。

さて、少し遅れてのご報告になりますが、朝日新聞社さま企画の「ミレニアル女性の生き方をデザインするメディア」telling,さんに、新江戸染 丸久商店についてインタビュー記事を掲載していただきました。

題して「守るもの、変えるもの。29歳女性の“和”へのチャレンジ」……!!

…恐縮です。

とても読みやすい読み物として丸久について書いていただきました。
ぜひご一読くださいませ。

 

また、4月18日投稿の新江戸染 浴衣に関する展示会のお知らせでも告知させていただきましたが、花想容さまの浴衣の展示会、その名もズバリ「ゆかた展」のフライヤーが出来上がったようです。

丸久の店頭でもお配りしておりますのでご興味のある方はぜひお声掛けください。
そして会期の5月11日(金)〜5月13日(日)、みなさまのご来場をお待ちしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

GW中のイベントのご案内です

初夏を感じる今日この頃、今回はGW中の二つのイベントのお知らせです。

一つ目は、注染製品も数多く手がける染色作家の小倉充子さんの「注染ゆかた東京受注会」です。お江戸情緒を感じられる夏の浴衣に出会えますよ。

以下、小倉染色図案工房さまHPより抜粋。

東京神田神保町にある大和屋履物店に於いて注染ゆかたの受注会を開催します。

お仕立て上がり時期は、スタッフにご確認ください。
小倉染色図案工房の注染ゆかたは、オンラインショップ「竹ノ輪商店」でも受注予定です。

みなさまのご来場をお待ちしております。

日時

4月27日(金)〜29日(日)
27日(金) 13:00〜19:00
28日(土) 11:00〜19:00
29日(日) 11:00〜17:00

※初日は、13:00からです。最終日は、17:00までです。ご注意ください。

会場

大和屋履物店
101-0051東京都千代田区神田神保町3-2-1サンライトビル1
03-3262-1357

二つ目は、そんな素敵な型染め作品を作られる小倉染色図案工房×新江戸染丸久商店で浴衣コーディネートをご提案させていただきます東京キモノショーのご案内です。

会場内の、多数の呉服店さまや団体さまが和装コーディネートを出展いたします圧巻の「キモノスタイル 200」ブースにて、小倉充子さんの帯からイメージして選出した新江戸染の浴衣で二つのコーディネートを展示する予定です。

東京キモノショーでは、丸久おなじみのいいちみそさんや復刻てぬぐいの特別販売もございます!
会期中は丸久の斉藤も会場におりますのでお見かけしましたらお声掛け下さい。

それではみなさまのご来場お待ちしております。

「SENS de MASAKI」さんに浴衣が掲載されました

モデルの雅姫さん責任編集のムック、センスを磨く暮らしの教科書 「SENS de MASAKI」さんvol.8に新江戸染の浴衣が掲載されました。

浴衣特集の記事の中で、半幅帯や名古屋帯と合わせた新江戸染の蝶々柄浴衣をキレイに撮っていただきました。

他にも南国の旅の特集があったりと、夏の予感を感じさせてくれます。

SENS de MASAKI」さんvol.8は集英社さまより4月19日に刊行されます。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

新江戸染 浴衣に関する展示会のお知らせ

今回は新江戸染の浴衣に関する二つの展示会のお知らせです。

一つ目は南青山 Itonosaki(イトノサキ)さまの展示会「大人の半幅・初夏揃え」

季節の色を取り込んだ草木染
自然素材を感じる織りの風合い
一つひとつ手描きで表現されたジャワ更紗
昔ながらの注染にこだわった小粋な浴衣地

爽やかな季節に
様々な手仕事を身に纏う
大人の揃えをお楽しみください。

会期は4月20日(金)〜5月5日(土)です。

二つ目は目白 花想容さまの夏の浴衣の展示会です。

会期は5月11日(金)〜5月13日(日)です。

落ち着いた古民家の店内では帯や小物も合わせてお探しいただけます。12日(土)・13日(日)は丸久商店・斉藤も会場におりますのでお気軽に話しかけてくださいませ。

 

それぞれ異なったこだわりのラインナップで、今期の新江戸染の浴衣をご覧いただくことができます。
ぜひお越しいただき、実際の生地を見て 触れていただければと存じます。

今年の夏は 新江戸染の浴衣で街にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

続報!第6回「日本橋エリア 日本酒利き歩き 2018」

4月に入り、桜の季節もあっという間——
前線は今頃東北あたりでしょうか。

ここ日本橋は…

あっという間に第6回「日本橋エリア 日本酒利き歩き 2018」なのです!

恒例のうさぎちゃん

細かく公式サイトをチェックされている方はご存知だと思いますが、
もうすぐ当日ということで 日々更新されて大方の情報が出揃っているようです。

丸久商店は関連ショップの98番です!
そしておなじみ、加藤兵太郎商店さんの「いいちみそ」特別出張販売は99番です!
同じ店舗で営業しておりますので どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに前々回で予告させて頂きました「復刻てぬぐいおちょこ入れ」は¥600で、
在庫限りの当日限定販売です!

爽やかな竹格子!
春らしい桜柄!
渋好みな麻の葉!
他にも色々な柄を取り揃えてございます!

どうぞよろしくお願いいたします。

月刊アレコレさんにインタビュー記事が掲載されました

ここ数日で一気に暖かくなってきましたね!
花粉さえ飛んでいなければサイコーな季節です。

さて、今回はインタビュー記事のご紹介です。

〝きもの大好き、和ードローブ〟がコンセプトの月刊アレコレさん、vol.152にて
丸久 斉藤のインタビュー記事が掲載されております。

4ページに渡って、新江戸染 丸久商店について語らせて頂いております。

…照れますね。

よろしかったら是非ご一読くださいませ。
月刊アレコレさんのご購読はこちらから。